人気ブログランキング |
リトモス認定トレーニング大阪コースお申込み受付中
4/13(火)~4/15(木)
リトモス認定トレーニング大阪コースを開催します。

会場:大阪市内
担当:冨田MT / 岩橋AMT 他


少人数で感染症予防対策を徹底して開催する予定です。
ご興味のあるインストラクターさんぜひご確認くださいませ。

リトモス・ジャパン事務局
TEL.050-3611-4488
info@charites.jp




# by charites_jp | 2021-03-03 17:40 | リトモス
免疫をアップできる栄養素4
みなさん、こんにちは!

見えない敵との闘いに必要な「栄養」についてのお話、第4弾101.png

今回は、セレンについてです177.png

セレンは、酵素やたんぱく質の一部を構成し、抗酸化反応において重要な役割を担っています。セレン欠乏症の症状としては、爪の白色化や変形、筋肉痛、筋力低下、不整脈や頻脈を引き起こす心筋障害などが知られています。
多く含まれる食品例:アンコウの肝、タラコ、クロマグロ

レシピの紹介111.png111.png111.png
★マグロの角煮
マグロ:200g 生姜:15g
合わせ調味料(酒:大さじ3 しょうゆ:大さじ2 砂糖:大さじ2) みりん:大さじ1
1.マグロを一口大に切り、生姜は皮を剥き、千切りにする。
2.鍋に生姜と合わせ調味料を入れ、沸騰したらマグロを入れ落し蓋をし、中火で5分程度煮る。
3.落し蓋を取り、みりんを入れ再び弱火で煮てマグロにに火が通ったら完成!

今回で、見えない敵との闘いシリーズも終わりです。
今後も継続して、栄養のお話ができればと思ってます110.png
では、また164.pngSee you173.png

参考文献:
厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 「健康食品」の安全性・有効性情報
ニュートン別冊 食品の科学知識
kurashiru(https://www.kurashiru.com)


# by charites_jp | 2021-02-24 15:22
免疫をアップできる栄養素3
みなさん、こんにちは!

見えない敵との闘いに必要な「栄養」についてのお話、第3弾101.png

今回は、亜鉛についてです178.png

亜鉛は、たんぱく質、酵素、コラーゲン合成、免疫機能、創傷治癒に重要な役割を果たし、適切な味覚や状態を維持するために必要です。
亜鉛が不足すると、発育遅延、食欲不振、免疫機能障害などが挙げられます。

多く含まれる食品例:牡蠣、レバー(牛・豚)、ラム肉、豚肉

レシピの紹介111.png111.png111.png
★キムチ入りレバニラ炒め(2人分)
豚レバー:120g 片栗粉:大さじ1 ニラ:60g キムチ:30g 人参:30g ごま油:大さじ1 
下味(酒:小さじ1 しょうゆ:小さじ1 すりおろし生姜:小さじ1)
調味料(しょうゆ:大さじ1 酒:大さじ2 砂糖:小さじ1 オイスターソース:大さじ1 黒こしょう:少々 水溶き片栗粉:大さじ1)  
豚レバーは流水で洗い流しておく。
1.水と塩を入れたボウルに入れて30分ほど漬け、血抜きをし、キッチンペーパーで水分を拭き取る。
2.ニラは5cm幅に切り、レバーを一口大に切る。
3.レバーに下味を加えて混ぜ、片栗粉を全体に絡める。
4.熱したフライパンにごま油をひき、両面をしっかり焼き、火が通ったらニラとキムチを入れ、野菜がしんなりしたら調味料を全体に絡める。水溶き片栗粉を加えて中火で炒め、とろみがついたら火を止め完成。

★ラム肉のカレー焼き(2人分)
ラム肉:200g ハーブソルト、カレー粉:少々 玉ねぎ:1/2玉 もやし:100g
1.ラム肉にハーブソルト、カレー粉で下味をつける。
2.肉に味をなじませてから、熱したフライパンでラム肉、玉ねぎ、もやしを炒めて完成!
こちらは、とっても簡単ですよ!

日本人は亜鉛不足傾向にあり、食生活が関係していると言われています。
食品添加物に含まれている物質の作用によって小腸からの亜鉛の吸収率が悪くなり、
その結果、亜鉛不足が引き起こされていると考えられているそうです。
なので!コンビニやインスタント食品に頼る傾向があるという方は、亜鉛不足に陥りやすい可能性があります。
また、アルコールは亜鉛を体外に排出してしまうため、
アルコールの摂取量が多い方も亜鉛不足になる可能性があるので注意が必要ですね169.png

次回は、セレンについてです。
See you173.png

参考文献:
厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 「健康食品」の安全性・有効性情報
ニュートン別冊 食品の科学知識
kurashiru(https://www.kurashiru.com)


# by charites_jp | 2021-02-17 16:58
免疫をアップできる栄養素2
みなさん、こんにちは!

見えない敵との闘いに必要な「栄養」についてのお話、第2弾101.png

今回は、ビタミンCについてです177.png
ビタミンCは、心身に重要な働きをもつ栄養素です。現代のようなストレス社会に生きる私たちにとって、より大量の摂取が認知されつつあるそうです。

たんぱく質、ビタミンB群とともに摂ることで病原菌に対する抗体を作り、感染に抵抗する力を増大させます。また、鉄を吸収しやすい形に変化させる働きもあります。不足すると、免疫力が低下し、風邪にかかりやすくなったり、ストレスに弱くなったり、鉄欠乏性貧血になりやすくなります。

多く含まれる食品例:パプリカ(赤)、ブロッコリー、菜の花、柿、キウィフルーツ

レシピの紹介111.png111.png111.png
★バルサミコサラダ(2人分)
赤パプリカ:50g ブロッコリー:50g
調味料(オリーブオイル:小さじ1 バルサミコ酢:小さじ1 はちみつ:小さじ1 塩:小さじ1/4 白こしょう;少々)
1.ブロッコリーは一口大に切ります。赤パプリカは薄切りにする。
2.沸騰したお湯に塩、ブロッコリーを入れ、茹で上がったら冷水に取る。
3.ボウルに調味料を混ぜ合わせる。
4.調味料を合わせたボウルに具材を加えて和え、完成!

パプリカもピーマンと同じく、ナス科トウガラシ属の植物。パプリカは、ピーマンよりもやや大きい、厚みがある、苦みが少ないとされていますが、学術的には区別されていないようです。

各パプリカ100gあたりのビタミンCの量
 赤:170mg 黄:150mg 緑:76mg
 ちなみにレモン(果汁)は・・・50mg
パプリカってビタミンCが多いんですね!

ビタミンCは、食品からだけでは、大量に摂取することは難しいので、サプリメントでの摂取もありですね169.png
カリテスwebshopにもサプリメントの紹介もあるのでチェックしてみて下さい!

次回は、亜鉛についてです。
See you173.png

参考文献:
厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 「健康食品」の安全性・有効性情報
ニュートン別冊 食品の科学知識
栄養医学ガイドブック
kurashiru(https://www.kurashiru.com)


# by charites_jp | 2021-02-10 09:19
免疫をアップできる栄養素1
寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか!

今回は、見えない敵との闘いに必要な「栄養」についてお話させていただきます101.png

免疫とは・・・
ウイルス、細菌、カビ、花粉、ハウスダストといった抗原に対して免疫細胞などが「自分」と「自分でないもの」を識別して、からだを守る仕組みのことです。自分を自己、異物を非自己として認識することから始まり、非自己を排除しようとする複雑なネットワークを形成しています。

免疫機能をアップさせてくれる栄養素には、ビタミンD、ビタミンC、亜鉛、セレンが挙げられます169.png

第1回は、ビタミンDについてです174.png

ビタミンは体内でほとんど合成できませんが、一部例外があります。
その一つが、ビタミンDなのです!

ビタミンDは、カルシウムの吸収に必要なタンパク質をつくる時に欠かせない物質です。
不足すると、骨が弱くなるといった症状を引き起こします。

ビタミンDは、太陽の紫外線を浴びることで皮膚の細胞で合成できます。
また、皮膚における合成量だけでは、人の体を維持するには十分でないため、食べ物から取り入れる必要があります。

多く含まれる食品(例):サケ、サンマ、キクラゲ、干しシイタケ
免疫をアップできる栄養素1_f0176043_15453180.jpeg

レシピの紹介111.png111.png111.png
★鮭とまいたけのみぞれ和え(2人分)
鮭:2切れ 薄力粉:大さじ1 まいたけ:100g 大根:200g
調味料(ポン酢:60ml 砂糖:小さじ2 ごま油:大さじ1)
作り方
1.まいたけは、石づきを切り落としほぐす。
2.大根をすりおろす。
3.鮭は一口大に切り、薄力粉をまんべんなくまぶす。
4.中火で熱したフライパンに、ごま油を入れ、3を焼く。
5.きつね色になってきたら1を入れ中火のまま炒める。
6.まいたけがしんなりしてきたら、調味料を加え中火でひと煮立ちさせ、すりおろした大根を入れ炒めあわせてできあがり!

鮭ときのこダブルで、ビタミンD摂取大ですね169.png

次回は、ビタミンCについてです。
See you173.png

免疫をアップできる栄養素1_f0176043_16502958.jpg
































参考文献:
厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 「健康食品」の安全性・有効性情報
ニュートン別冊 食品の科学知識
kurashiru(https://www.kurashiru.com)

# by charites_jp | 2021-02-03 15:47