人気ブログランキング |
免疫をアップできる栄養素3
みなさん、こんにちは!

見えない敵との闘いに必要な「栄養」についてのお話、第3弾101.png

今回は、亜鉛についてです178.png

亜鉛は、たんぱく質、酵素、コラーゲン合成、免疫機能、創傷治癒に重要な役割を果たし、適切な味覚や状態を維持するために必要です。
亜鉛が不足すると、発育遅延、食欲不振、免疫機能障害などが挙げられます。

多く含まれる食品例:牡蠣、レバー(牛・豚)、ラム肉、豚肉

レシピの紹介111.png111.png111.png
★キムチ入りレバニラ炒め(2人分)
豚レバー:120g 片栗粉:大さじ1 ニラ:60g キムチ:30g 人参:30g ごま油:大さじ1 
下味(酒:小さじ1 しょうゆ:小さじ1 すりおろし生姜:小さじ1)
調味料(しょうゆ:大さじ1 酒:大さじ2 砂糖:小さじ1 オイスターソース:大さじ1 黒こしょう:少々 水溶き片栗粉:大さじ1)  
豚レバーは流水で洗い流しておく。
1.水と塩を入れたボウルに入れて30分ほど漬け、血抜きをし、キッチンペーパーで水分を拭き取る。
2.ニラは5cm幅に切り、レバーを一口大に切る。
3.レバーに下味を加えて混ぜ、片栗粉を全体に絡める。
4.熱したフライパンにごま油をひき、両面をしっかり焼き、火が通ったらニラとキムチを入れ、野菜がしんなりしたら調味料を全体に絡める。水溶き片栗粉を加えて中火で炒め、とろみがついたら火を止め完成。

★ラム肉のカレー焼き(2人分)
ラム肉:200g ハーブソルト、カレー粉:少々 玉ねぎ:1/2玉 もやし:100g
1.ラム肉にハーブソルト、カレー粉で下味をつける。
2.肉に味をなじませてから、熱したフライパンでラム肉、玉ねぎ、もやしを炒めて完成!
こちらは、とっても簡単ですよ!

日本人は亜鉛不足傾向にあり、食生活が関係していると言われています。
食品添加物に含まれている物質の作用によって小腸からの亜鉛の吸収率が悪くなり、
その結果、亜鉛不足が引き起こされていると考えられているそうです。
なので!コンビニやインスタント食品に頼る傾向があるという方は、亜鉛不足に陥りやすい可能性があります。
また、アルコールは亜鉛を体外に排出してしまうため、
アルコールの摂取量が多い方も亜鉛不足になる可能性があるので注意が必要ですね169.png

次回は、セレンについてです。
See you173.png

参考文献:
厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 「健康食品」の安全性・有効性情報
ニュートン別冊 食品の科学知識
kurashiru(https://www.kurashiru.com)


by charites_jp | 2021-02-17 16:58
<< 免疫をアップできる栄養素4 免疫をアップできる栄養素2 >>